1

第19章 株の分散投資って、どういうこと?


第19章 目次 
  • 株式投資も「分散」が基本なの?
  • 対象を4つに「分散」するって?
  • タイミングを「分散」するって?

図2



ブルベア19



「投資の基本は分散すること」「1つのカゴに卵を全部入れるな?」


そうブルベア先生に教えられていたことをが、モネの頭のなかでずっと引っかかっていた。

投資を分散すること、とはつまり、投資先を「株式」や「債券」、「不動産」や「外貨」などの様々な商品に分散させることでリスクを回避を目指すこと。

これにより、1点集中の投資よりもリスクの分散が期待できるわけだ。


しかし、この「分散投資」という考え方、株式投資をする場合にも役に立つものなのだろうか?

気に入った1つの銘柄だけに資産を投資していいものか?

それとも株も基本は「分散投資」で、色々な銘柄を買ったほうがいいのか? 

またも困ったモネはブルベア先生に相談することにしたのだった。

3



株式投資も「分散」が基本なの?

4
B:
「1つのカゴに卵を全部入れるな」という格言、よく覚えていたね。

これは資産運用全般ではもちろん、株式投資に限ってでも大切な考え方だ。

株式投資における「分散」でキーワードになるのが、「対象」と「タイミング」だ。


5
M:
「対象」と「タイミング」なんですかそれは?


6
B:
うむ、ではまず株式投資の「対象」について考えてみようか。

「自分の好きな会社に全額投資したい」というモネの気持ちもわからんでもない。

しかし、これは繰り返すが「卵を1つのカゴに盛るな」というルールで考えると、避けるべき投資方法なんだな。


7

M:
ああ、やっぱりそうなんですね。じゃあ「対象」ってやつを考えて株式投資を上手にする方法は具体的にどうしたらいいんですか? 

投資の対象を1つにするのではなくて、分散するのが大切だっていうのはわかるんですけど、具体的にはどう分散すればいいのかがわかりません。


8
B:
株式投資における「対象」の分散は、「値動きの違う商品に分散して投資する」ことが大切になってくるんだ。


16
M:
ん? 「値動きの違う商品に分散?」何ですかそれは? もう少しわかりやすく教えてください。



対象を4つに「分散」するって?

10
B:
よしよし、「値動きの違う商品に分散」というのは、大きく分けて4つの方法がある。

1つめが「地域の分散」だ。これは日本の会社の株だけではなくて、他の国(先進国と新興国、ヨーロッパとアジアなど)の株も同時に所有することだ。


11
M:
へェ~、そういえば海外の会社のことなんて、考えたことなんてありませんでした。


12
B:
次に大切なのが「通貨の分散」だ。

これはたとえば、アメリカの会社の株って実は「円」でも「ドル」でも買えるんだけど、アメリカ株を円価格で表示して円で決済することを「円建て」、ドル価格で表示してドルで決済することを「ドル建て」って言うんだな。

つまり世界中の株を買う際にも、「円建て」だけで買うんじゃなくて、「ドル建て」や「ユーロ建て」、「新興国通貨建て」のように分散させることが大切なんだ。


13
M:
先生、これって、「通貨の分散」をしておけば、円の価値が下がっちゃったとしても、動きが違う他の通貨建ての資産を持つことで損失を抑えることが期待できるということなんですね!



14
B:
ほほう、モネはかなり賢くなってきているな。


15

まさにその通りだよ。

そして3番目の分散が「資産クラスの分散」だ。

「アセット(資産)クラスの分散」なんて言われたりもするな。


16
M:
先生〜「資産(アセット)クラス」って何ですか? 初めて聞きました。


17
B:
よしよし、「資産(アセット)クラス」っていうのは、「同じようなリスクやリターンの特性を持つ商品の種類」って意味だ。


18
M:
う〜ん、だめだ、わからないです。


17
B:
仕方ないのう。たとえば「国内株式」っていうのは一つの「資産クラス」だ。

なぜかというと、1つ1つの銘柄の細かい変動は毎日あるけれど、「日本全体の景気に影響を受ける」ってことを考えてみる。

すると「国内株式」はどの銘柄も同じ仲間だって気づかないか?

つまり、同じクラスってことなんだ。

20


M:
あ、確かにそうだ。


21
待てよ、ってことは先生、例えば日本の国内の債券には「国債(国が発行する債券)」「地方債(地方公共団体が発行する債券)」などがある。

けれども、それを考えると「国内債券」は比較的に似たような特性を持つとされているから、1つの「資産クラス」ってことですか?


22
B:
うむ、モネ、鋭いじゃないか! まさにその通り! 

ブルベア19_2

それと同じ考え方で「アメリカ国債」や「ドイツ国債」は先進国が発行する債券と考えて「先進国債券」という1つの資産クラスにまとめられるね。


あと、コカコーラやマイクロソフトの株式は、先進国の会社の株式だから「先進国株式」という1つの資産クラスにまとめられる。


M:
はい、よーくわかりました。
24

あれ? 先生、ところで、なんで「資産クラス」の話をしているんでしたっけ?

25
B:
そうだったな。


話を「対象の分散」に戻そうか。

つまり、対象の分散の1つとして、この「資産クラス」という基準で資産を分散させることが、リスクヘッジでは大切な考え方なんだ。

例えば、以下の図のように、「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」という4つの資産クラスに分けて投資するという手法が考えられるね。

26

対象の分散の4つめとして、「銘柄の分散」の話もしておこう。

ひとくちに株式で投資をするといっても、その投資する対象となる銘柄には、様々な特徴があるんだ。

その特徴を見極めて、異なる特徴を持つ銘柄の株に分散して投資することを「銘柄の分散」っていうんだな。


27
M:
うーん、なんだか今ひとつわかりません。 


28
B:
たとえば、銘柄の中にも「景気に敏感な株(シクリカル株という)」と、「比較的景気に左右されにくい株(ディフェンシブ株という)のがあったりして、その2つを保有するってことだな。

あとは、いきなりは上がる可能性は低いけれど、昔からジワリジワリと上がっている成熟企業の株式と、今後大きな成長性が期待されるような新興企業の株式を2つ保有する。

これが株式でいうところの「銘柄の分散」ってやつだ。



タイミングを「分散」するって?

29
M:
先生、投資する「対象」を分散するというのは、なんとなくわかりました。

次に教えて欲しいのは「タイミングの分散」です。

タイミングってどうやって分散してリスクを回避すればいいんですか?


30
B:
よーし、ではここでモネに質問だ。


もしモネが今100万円持っていたとする。そしてその100万円を全額投資に回そうと考えている。


モネならこの100万円、どういうタイミングで投資に回すかな?


31
M:
そうだなぁ、銀行に預けてても利息ほとんどつかないからなぁ、ジブンならさっさと全額投資に回しちゃいたいなぁ。

32

だから、今日、全額投資に回します!ドーンといっちゃいますよドーンと!


33
B:
うーむ、それはあまり賢くない投資方法だな。

1日で一気に資産を投資に回すという方法は、「高値づかみ」をしてしまう可能性が出てくるんだな。


34
M:
ん? またわからない言葉が出てきたゾ。

先生、高値づかみってなんですか?


B:
高値づかみ、の説明はこうだ。たとえば、ある商品に投資したとしようか。


その商品を今日買うと一口1万円だったとすると、100万円でいくらかえるかな?
35
M:
え? 100口買えますよね。それが何か?


B:
そうだね。


じゃあもしこの商品が1週間後に、なんと一口9000円に値下がりしたら、100万円で何口かえるかな?
36

M:
えー、計算苦手なんだよなぁ。


37

えっと100万円÷9000円だから…約111口。

あれ、11口も多く買えるじゃないですか!? 

お得じゃないですか! 安い時に買ったほうが絶対お得ですよね〜!


38
B:
もちろんだ。

投資の基本は「安く買って、高く売る」だったね。

でもいくら投資のプロといえど、どのタイミングが最安値で、どのタイミングが最高値なんてわからないんだよ。

だからポイントとなるのは、「長い目で見た時に、価格の変動リスクをできるだけ少なくする」ってことなんだ。

ブルベア19_3

M:
ということは…
21


いきなりドーン!と投資するよりも、長い目でコツコツ投資を続けていったうが、リスクが分散される可能性が高くなる!

そういうことですね。


12
B:
そういうことだな。モネは「積立投資」という言葉を聞いたことがあるか? 


たとえば毎月1万円を投資すると、1年で12万円、10年で120万円、1か月毎のタイミングで分散して10年間の時間で投資を続けられることになる。

このメリットは、バブル崩壊などで相場が大きく下がったときでも、長い目で見られる。

相場が「上昇した時」「下落した時」を平均で見て価格変動のリスクを抑えることが期待できるんだ

31
M:
ヘェ〜!なるほど! 

「コツコツ一定リズムで長続き」の投資をすると、株の値段が高いとき、低いときをバランスを取って買えるってわけか。

何事もコツコツ根気よく続けるって大事なんだなぁ。



株式投資においても「分散」がとても大切だと学んだモネ。分散には「対象の分散」と「タイミングの分散」がある。

さらに対象の分散として4つの分散方法(地域の分散、通貨の分散、資産クラスの分散、銘柄の分散)がある。

そして、タイミングの分散として、時間(=タイミング)を分散して投資する方法がある。

場所、通貨、銘柄、時間などいろんな要素を分散させることでバランスを取る。

モネはこのことに想いを馳せながら、何か投資というものは人生に似ている、だから投資には哲学が必要なんだなぁ、などということニンマリしながら考えてみるのであった。

つづく

図2


----------------------------------------------------------------
本記事は、株式会社FOLIOのメディア「FOUND」のコンテンツの引用転載です。当社は株式会社FOLIOの許諾を得て掲載しています。本記事の無断使用、複製、改変は禁止されています。

情報・資料等について
・投資に関する情報提供のみを目的としており、投資勧誘を意図するものではありません。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。
■LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社の金融関連サービスです。LINE Financial株式会社は、所属金融商品取引業者からの委託を受け金融商品仲介行為を行う金融商品仲介業者であり、所属金融商品取引業者の代理権を有しておりません。LINE Financial株式会社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関してお客様から金銭若しくは有価証券の預託を受けることはありません。

・金融商品仲介業者 LINE Financial株式会社 関東財務局長(金仲)第854

・所属金融商品取引業者 株式会社FOLIO 関東財務局長(金商)第2983 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ご投資の際には各金融商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

リスクと手数料についてはこちら

-----------------------------------------------------------------