GettyImages-672846648



みなさん、株式投資を行うときに何を基準に選んでいますか?

様々な切り口があるかと思いますが、中でも投資家が注目している視点の一つに、企業が事業で得た利益の一部を株の保有者に還元する「配当」があります。日本では多くの企業が、年に1回または2回、配当を実施しています。


ここ数年での日本の上場企業全体の配当額は増加してきており、企業の投資家への還元姿勢は徐々に強まってきていると考えられます。

企業決算が好調にも関わらず株価が落ち込んでいる時には相対的に配当利回りも高くなるため、今こそ「配当」に注目して見てはいかがでしょうか?

でも「配当」と言われても、いまいち具体的なイメージを思い浮かべるのは難しいかもしれません。
本特集では、配当についての基礎知識と、予想高配当テーマを公開します!


そもそも配当って何?

配当とは、企業がその期間に稼いだ利益の一部をオーナーである株主に還元してくれる制度です。
つまり、ある企業の株を持っていれば、その企業が稼いだお金の分け前を配当金として貰えるということです。株を持っているだけで、定期的にお金が得られる場合があるので、配当を目当てにして投資するというのも株式投資の一つの魅力です。

 

配当についてはどうやって考えればいいの?

配当金の金額や回数、支払時期は企業ごとに異なっていて、いくら支払うかも特に定められていません。また、企業によっては、将来の成長のための投資に使うことを優先して、配当への支払いを抑える場合もあります。どの企業の配当がいいのかどうかを見るときに、比較して測るためのモノサシが「配当利回り」という指標です。


 

「配当利回り」とは?

配当利回りとは、株価に対する年間配当金の割合を示したものです。

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金額 ÷ 株価 × 100

例えば、株価が1,000円で1株当たりの年間配当金が20円の場合、配当利回りは2%になります。

 

「配当利回り」が高いといいの?

配当利回りが高いほど、配当から得られる利回りが良いことになります。しかし、配当利回りが高いからといって、すぐに投資したほうがいいというわけではありません。配当利回りが高い場合、中には業績の悪化や不祥事問題などで株価が下がって、利回りが高く見えている株もあります。また、業績不調から減配(配当金額が減ること)されて、配当利回りが低くなるという可能性もあります。

 

高配当ってどのくらいの水準?

配当利回りの水準は、相場全体にもよりますが、現在の日本株の平均は2%程度(※)であるため、3%を超えるものは一般的に高配当と考えられます。※東証一部上場企業の株式平均利回り:1.95%(2019年1月時点)/東京証券取引所統計資料より引用。

 

配当金はどうすれば貰える?

配当金を貰うためには、権利確定日の3営業日前(権利付最終売買日)に株を保有していることが必要です。(※2019年7月16日からは2営業日前に変更になります。)
例えば、3月が決算期の企業であれば、2019年3月29日が権利確定日になるため、その3営業日前の2019年3月26日大引け時点で株を持っている必要があります。


予想高配当利回りテーマランキングを公開!

それでは、LINEスマート投資での配当利回り(予想)が高いテーマはどのようなものがあるのでしょうか?現在公開中の87テーマの中から、配当利回り(予想)が高い4つのテーマ(バランス型)をランキングにしました。(2019/1/31 終値時点)

テーマ名

・はたらく女性
・インダストリアルロボット
・電気自動車
・高ROE

※本データについて
・予想配当利回りの数値、算出根拠は、株式会社FOLIOのこちらのページよりご確認ください。
・株式会社FOLIOが全テーマを対象に調査を行ったものです。2019年1月31日終値時点における、各テーマ(バランス型)の構成銘柄・株数を基準にしています。
・各テーマを構成する各企業の決算資料をもとに業績や配当性向を考慮して、株式会社FOLIOが予想配当金を算出しています。
・配当利回りは配当金や株価の動きによって変動します。本データは将来の配当利回りや運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いておりますが、情報の正確性、完全性について保証するものではありません。
・個別の投資テーマを推奨するものではありません。

図A
  


こういった視点で
LINEスマート投資のテーマを眺めてみるというのもいかがでしょうか?

 

Blog_btn2 (1)
   

----------------------------------------------------------------
本記事は、株式会社FOLIOが作成した予想高配当テーマコンテンツを許諾を得て掲載しています。本記事の無断使用、複製、改変は禁止されています。

情報・資料等について
・投資に関する情報提供のみを目的としており、投資勧誘を意図するものではありません。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。
■LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社の金融関連サービスです。LINE Financial株式会社は、所属金融商品取引業者からの委託を受け金融商品仲介行為を行う金融商品仲介業者であり、所属金融商品取引業者の代理権を有しておりません。LINE Financial株式会社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関してお客様から金銭若しくは有価証券の預託を受けることはありません。

・金融商品仲介業者 LINE Financial株式会社 関東財務局長(金仲)第854
・所属金融商品取引業者 株式会社FOLIO 関東財務局長(金商)第2983 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

リスクと手数料についてはこちら
-----------------------------------------------------------------