アーカイブ/ 2018年12月

2-1

第2章・前編  目次
・投資でお金が増えるイメージ
・単利とは
・複利は資産運用のミソ


図2


2-2

「資産運用」というもののおぼろげなイメージと、「投資による資産運用」という新しい道を知ったモネ。モネのかき立てられた好奇心は、もはやとどまることを知らない様子であった。

「お金をはやく増やしたい!」と興奮するモネなのだが、「あれっ、でも、実際、どんな具合に資産って、増えていくんだっけ?」と素朴な疑問が浮かんだのだった。モネの頭のモヤモヤに、ブルベア先生は、どんな答えを投げ返してくれるのだろうか?

投資でお金が増えるイメージ

2-3
M: 
投資で資産運用をすることで、「お金がお金を大きく稼いできてくれる可能性」があることはわかりました。
でもね、ブルベア先生、ひとつわからないのは、ひと言で「お金が増える」って言ってみても、投資をすることでどうやってお金が増えていくのか? 一体どのくらいの時間がかかるものなのか? 

まったくイメージができないんです。2-4
B: 
うむうむ。イメージか。それは、なにか。
ワシ のことを信用していないということなのか? そうじゃないとすれば、「たとえて言うなら」、それは、どういうことなんだ?
2-5
M:
もちろん信用しています!つまり、そのぉ、たとえて言えば、泳いだことがない人が、海や水を怖がる気持ちに似ているような気もします。

2-6
B: 
なんだ、お前、わかっているじゃないか。投資というものは、実際にはじめてみないとわからない。

水に浸かったことない人間に水泳の感触の説明をするのが難しいのと同じことだ。案ずるより産むがやすし。とにかくやってみることだ。

—— そう言われてみて、「たしかに、そうなのかもしれない…!」と思いながらも、やはり「投資によってお金が増える」イメージが沸かないことで、頭も体もフリーズしてしまうモネなのであった。

そして、「少なくとも、水泳だったら、あんな風に泳いで、あんな角度で腕を動かして、あんなスピードで進んでいくんだなぁ、っていうイメージくらいは持てるはずなんだけどなぁ…。ブツクサブツクサ…」と繰り言を並べるのだった。

2-7
B:
なんだ。どうも納得できないという顔だな。仕方ない、教えてやるか。
「目的」や「目標利回り」「シミュレーション」みたいな、投資の具体的な話についての説明は、後まわしにして、ここでは、ざっくりと、こんなことが可能になる! ということを教えよう。
2-8
M: 
やったー! これで、ジブンにもきっと資産運用のビジョンが描けるようになる!お金を増やすゾー!

2-9
B:
あっ、でも、最初に断っておくが、投資には、「損をする」という「リスク」もある。
投資を考える場合、「ジブンにどのくらいのリスクが背負えるのか?」ということも同時に考えておかないといけない、このことについては、大事なので後で詳しく教えよう。
しかし、ここでは、おもに「上手くいけば」という前提の上での投資ストーリーを語ることにしよう。

2-8
M:
わーい、わーい。
2-18
B: 
その前に! モネは「タンリ」と「フクリ」という言葉を聞いたことがあるかな?2-12
M: 
いいえ。なんですか、それ? 食べ物かなにかですか?2-13
B: 
フッフッフッ。この2つの単語は、投資をする上でとっても重要だから覚えておかなければならんゾ。

辞書を引いてみると、次のような説明になる。少し難しくなるから、しっかりついてこいよ。

単利=元金に対してだけつける利息。
単利法=利息計算方法の一つ 。前期間の利息を元金に繰り込まず、元金に対してだけ利息を計算する方法。

複利=複利法の計算による利息。重利。利息計算方法の一。
複利法=利息計算法の一つ。一定期間の利息を元金に加え、その元利合計を次の期間の新元金として利息を計算する方法。

(出典:デジタル大辞泉)

2-14

M:
うわっ、ほんとうに難しいや。一体、なんのこと言っているのか、さっぱりわからなくなってしまいました。

単利とは

B: 
難しいといっても、少しだけだ。図解してあげるから、ちょっと考えてみてくれ。

2-15
「単利」というのは、つまり、元に入れたお金=「元本」に対してのみ利息がつくことを言うんだ。
2-16

 100万円を元のお金=元本として預けたとして、そこに年利10%の利息がつくとすると、以降、ずっと利息は変わらない。

100万円を預けたら、翌年に利息分(10%)の10万円が足されて、その翌年も同じく10万円が足される。

もしモネが、ジブンの100万円を単利10%で2年間運用(投資するなど)したとしたら1年後に110万円、2年後に120万円になっているわけだ。
2-17
M: 
何だか、いきなり難しい言葉がたくさん出てきたけど、図を見たら、理解できました。じゃあ、もう1つの「複利」というのは、どういうことなんでしょうか?

資産運用のミソ、複利

2-18
B:
この「複利」というやつが、投資による資産運用のミソとなるキーワードなんだ。
ひと言でイメージさせるなら「雪だるま式」という言葉が近い。元本によって生まれた利息を次の元本に含むことができるんだ。
雪だるまも、そうだろう? 最初は小さいから、その小さい雪玉の面に対してくっつく雪の量は少ない。しかし雪の玉が大きくなると、玉の面も大きくなって、まわりにくっつく雪も多くなるわけだな。

2-19

元本を預ける。小さな利息が生まれる。元本に利息がプラスされる。だから最初よりも少し大きな元本になる。
すると、増えた元本に対して利息がつくわけだから、最初よりも利息分が増える。
この繰り返しで利息が大きくなっていく、という具合だ。
モネが100万円を複利10%で運用したなら、1年目は100万円に対しての10%だから110万円になるのだが、2年目は、110万円に対しての10%が足されることになり、110万円+11万円で121万円となるわけだ。

2-20
M:
わあ、すごいなぁ。
雪だるま式だから、時間が経てば経つほど、元本という面が大きくなるから、つく利息=雪の量も増えていくってわけなんだね。

2-21
B:
うむうむ。どうやら要領を得たようだな。

じゃあ、次、実際この複利という考え方を利用することで成功した人たちのストーリーを、いよいよ語りたいのだが、すっかり今日も日が暮れてしまったので、詳しいことは明日話してやろう。


——「投資による資産運用」における、重要な考え方に「複利」というものがあることを知ったモネ。

いよいよ次から聞かせてもらえるストーリーを心待ちにし、自らの成功という淡い妄想を心に抱き眠りにつくのだった。

つづく



図2



----------------------------------------------------------------

■本記事は、株式会社FOLIOのメディア「FOUND」のコンテンツの引用転載です。当社は株式会社FOLIOの許諾を得て掲載しています。本記事の無断使用、複製、改変は禁止されています。

■情報・資料等について

・投資に関する情報提供のみを目的としており、投資勧誘を意図するものではありません。

・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。

・投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。

■LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社の金融関連サービスです。LINE Financial株式会社は、所属金融商品取引業者からの委託を受け金融商品仲介行為を行う金融商品仲介業者であり、所属金融商品取引業者の代理権を有しておりません。LINE Financial株式会社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関してお客様から金銭若しくは有価証券の預託を受けることはありません。

・金融商品仲介業者 LINE Financial株式会社 関東財務局長(金仲)第854号

・所属金融商品取引業者 株式会社FOLIO 関東財務局長(金商)第2983号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ご投資の際には各金融商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

リスクと手数料についてはこちら

----------------------------------------------------------------- 


本キャンペーンは終了致しました。
ご声援、ありがとうございました。



Blog_cover_1080_BOCA

※金融商品取引法に係る表示・リスク・手数料はこちら


いま、X-masキャンペーン
ご覧いただいている皆さん!

11月28日以降、
新規口座開設を完了した方から、
これから新規に口座開設をする予定の方まで
要注目です

2018年12月25日までに応援したいテーマを
LINEタイムラインにシェアして、

2019年2月8日までに新規口座開設を完了した方には
抽選で豪華プレゼントが当たるチャンスが!

まだまだLINEタイムラインシェアを
うっかりした方々も多いのでは

LINEタイムラインシェアは口座開設の前でも、
途中でも、口座開設が完了した後からでも可能です!

今すぐチェックしよう


Blog_card_01_ドロン
Blog_card_02_VR
Blog_card_03_人工知能
Blog_card_04_宇宙開
Blog_card_05_き方改革
Blog_card_06_
Blog_card_07_クッキング
Blog_card_08_テレビゲム


新規口座開設完了&LINEタイムラインシェアした
100人の方に抽選で以下の景品を贈呈!

① 「テレビゲーム」テーマ
  ▶ Nintendo Switch (5名)
② 「クッキング」テーマ
  ▶ 高級和牛 (20名)
③ 「ドローン」テーマ
  ▶ ドローン (5名)
④ 「宇宙開発」テーマ
  ▶ 隕石 (20名)
⑤ 「働き方改革」テーマ
  ▶ 家事代行サービスの商品券 (5名)
⑥ 「麺」テーマ
  ▶ カップラーメン1か月分 (20名)
⑦ 「VR(仮想現実)」テーマ
  ▶ VR機器 (5名)
⑧ 「人工知能」テーマ
  ▶ LINEクローバ― (20名)

※キャンペーンの応募対象者につきましては各キャンペーンの詳細と注意事項を必ずご確認ください。
※LINEタイムラインでのシェアは、実際の各テーマの取引とは関係ありません。


【応募受付期間】
1.LINEタイムラインにシェア
2018年11月28日 00時00分から
2018年12月25日 23時59分まで


2.口座開設完了
2018年11月28日 00時00分から
2019年02月08日 23時59分まで

※口座開設の完了までには、申し込みから1週間から3週間程度かかります。期間の余裕をもってキャンペーンにご応募ください。


Blog_btn3


LINEタイムラインシェア方法

1) 上記、またはキャンペーン詳細ページの
  8つのテーマから応援したいテーマをタップ!
  (公式アカウントのホームからも見られます♪)

2) 遷移した画面の左下にある
  シェアボタンをタップ!

share guide_fin

3) 「タイムラインでシェア」メニューをタップ

4) 選んだテーマを応援する理由を記載の上、
  投稿ボタンをタップして終了!
  (左上の公開設定を「全体公開」に♪)

※キャンペーンの応募対象者につきましては各キャンペーンの詳細と注意事項を必ずご確認ください。
※LINEタイムラインでのシェアは、実際の各テーマの取引とは関係ありません。




■注意事項
・LINEタイムラインにシェアする際、必ず「全体公開」設定してください。「全体公開」に設定されていない場合、対象外となります。
・対象でないコンテンツをシェアした場合、対象外となります。
・LINEのタイムラインのシェアのみがキャンペーン対象であり、その他のSNS(TwitterやInstagramなど)でのシェアは対象外となります。 

・複数のテーマをシェアされた場合でも、抽選確率は上がりません。
・重複当選は無効とし、1当選分のみに景品発送とさせていただきます。
・本キャンペーンに当選した場合、同時期に実施する他のキャンペーンに当選できない場合があります。
・景品発送取り消しとなった当選分につきましては、無効連絡を行っておりません。
・景品の発送は日本国内に限ります。
・ご当選に伴いご入力いただいた個人情報は、景品の発送、当選者への諸連絡、重複当選の有無の確認に利用いたします。詳細は、ご当選の連絡の際にご案内いたします。
・ご当選時の住所の入力ミス、登録後の住所変更、当選者の長期不在等の理由により景品のお届けができない場合、当選を取り消させていただく場合があります。
・ご応募に関して不正な行為があった場合、当選を取り消させていただく場合があります。
・ご当選の権利はご本人のみ有効で、譲渡・換金はできません。
・景品の仕様は予告なく変更になる場合があります。
・ご当選された景品は返品・交換できません。
・LINE Financial株式会社及び株式会社FOLIOの関係者は応募できません。

■問い合わせ
本キャンペーンに対するお問い合わせは
こちらの問い合わせフォームよりお願いいたします。
※公式アカウントへのメッセージ機能によるお問い合わせはお受けできません。

LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社の金融関連サービスです。
LINE Financial株式会社は、所属金融商品取引業者からの委託を受け金融商品仲介行為を行う金融商品仲介業者であり、所属金融商品取引業者の代理権を有しておりません。
LINE Financial株式会社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関してお客様から金銭若しくは有価証券の預託を受けることはありません。
・金融商品仲介業者 LINE Financial株式会社 関東財務局長(金仲)第854号
・所属金融商品取引業者 株式会社FOLIO 関東財務局長(金商)第2983号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

1
1章 目次
・「資産」の本当の意味
・みんな、すでに、お金の運用をしている?
・今日と明日の100円の価値


図2


2

——
なんの因果か出会ってしまったふたり、ブルベア先生とモネ。お金を増やす秘訣を探ろうと、聞き耳を立てていたモネの心に引っかかったのは、「資金を 投資して、お金に働いてもらう」=「資産運用」という、これまで考えたこともなかった方法であった。
「えっ、資産運用? 資産なんか持ってないんだけど!」と頭をこんがらがらせるモネに、ブルベア先生はなんと答えるのだろうか?

「資産」の本当の意味

M:
ブルベア先生、「お金に働いてもらう=運用」について、ぼんやり考えてみたんです。「お金に働いてもらう=運用」というのは、つまり「資産運用」っていうやつのことですよね? 
3
だとしたら、
「ジブンには資産なんかないからダメだなぁ、無理だなぁ、できないなぁ、そんなお金の増やしかたは~。はぁ~」

って、暗い考えになってしまったんです。ジブンが「資産 運用 」って言葉から連想するのって、こんなイメージなんですけど
4
B:
うむうむ、なるほどナ。たしかに、「資産運用」という言葉にある「資産」という単語は、たいていの人には「私なんかにカンケーないし、私、資産家じゃないし」と思われてしまうかもしれないナ。
5
 
でも実のところ、この「資産」というやつは、フツウの人々にも多いに 関係があるのだよ。ほら、辞書には、こう書かれてある。

資産:個人または法人の所有する金銭・土地・建物などの総称。財産。(出典:デジタル大辞泉)

どうだ。これでわかっただろ? 「資産」というものは、なにも大富豪や一部のエリートにばかり当てはまるものではないんだ。

極端に言えば、お金を使う人ならば、みんなが持っているということになるわけだ。
6 

M:
えー、そうなんだ。知らなかった!
7
 
B:
別に別荘とか高級車とか高級時計だけが資産ではないんだ。

ほら、モネ、いま、お前のお財布にはいくら入っているか、開けてごらん。
8 

M:
えっ、ジブンのお財布に?えっと、今は、1000円かな
9
 
B:
じつは、それも「資産」なんだよ。
10
 
M:
えっ、そうなの。なるほど、ジブンにも1000円の資産があるわけですか
でも、嬉しいような、悲しいような。なんだろう、この気持ち

この1000円に働いてもらうと、お金が増えるってことなの?

—— そんな思いを巡らせてみても、「資産運用」と「ジブン」とがどうしても結びつかないモネなのであった。「お金に働いてもらう」と言われても、そもそも、お金がないから悩んでいるわけであって

たとえお金が働いてくれるとしたって、モネには働いてもらえるお金が、そもそもない。

そんな考えが浮かぶと、モネはますます不安に襲われるのだった。

みんな、すでに、お金の運用をしている?
11 

B:
1,000円に働いてもらうと、お金は増えるのか? その問いに対する答えは、YESだ。

1,000円であっても、働いてもらうことでお金は増やせる。

いくら、お金のことにドンカンに生きてきたモネだって、銀行に預金くらいはしているだろう? そう、そうなんだ。

本人が意識しているいないに関わらず、モネも「お金を運用する」ということをやっているんだよ。

預けたお金には利息というものがつくからナ。今、モネが預けているお金は、わずかながら自動的に増えていくんだよ。

そうなると!

ジブンのお金=資産
ジブンのお金を銀行に預けること=資産運用
 

ということになるから、つまるところ、モネはすでに「資産運用」というものをやってきた!ということになるわけだ。

お前の1000円を働かせると、こんな具合になる。
12 

M: 
えっ、そうだったの! 全然、実感がないけど、もう何年も銀行を使ってきたことを考えると、資産運用のベテランの域なのかなぁ。
13 

そう思うと、何だか急に自信が沸いてきたみたい

お金を運用して、お金を増やすって、ジブンで考えていたほど、ハードルの高いことでも、難しいことでも、別次元のことでもないような気がしてきました。

「資産運用」の2つのカタチ、「貯蓄」と「投資」

B:
おお、そう思えるのは素晴らしいことだ。

ただ、覚えておいてほしいのは、今のような超低金利の時代には、銀行に預けたお金はほとんど増えないということだ。
14

資産運用は大きくわけると2つのカタチがある。

1つが「貯蓄」、もう1つが「投資」だ。「貯蓄」はお金を守る資産運用、「投資」はお金を増やす資産運用。言い換えると、「銀行預金」はお金の稼ぎがいまひとつよくない場所、「株や不動産や債券などへの投資」は、お金が大きく稼いでくれるかもしれない場所、という言いかたはできるだろう。
15

「どうせお金を働かせるなら、より多くのお金を稼いでくれる場所に働かせにいかせたい」と願う人は多いはずだ。モネはどうだろう。

たとえば、ABというアルバイト先があったとして、Aが日7000円、Bが日9000円だったら 、どちらで働きたいと思うかね?
16

M:
それは、聞くまでもないことです。Bに決まってます。9000円のBの店の方方が稼げますからね。
17

B: 
そうだよナ。では、次のような条件ならどうだろうか? 

Aの仕事  長い間、定期的に一定の賃金で仕事をくれる。

B
の仕事  賃金は高いが、会社の業績などでもらえる仕事の量が、月によって多かったり少なかったり、、と変動する。さらに、いつクビになるかもわからない。

さぁ、モネなら、どちらの条件を選ぶかね?
18

M: 
ジブンの場合、それでもBを選ぶと思います。

なぜなら、会社の業績をジブンが仕事を頑張ることで上げればいいからです。

でも、ジブンの友達の中には、Aを選ぶ人はたくさんいそうだなあ。Bはリスクがあるもの。
19 

B: 
なかなか、いい言葉をチョイスしたナ。そうだ、「投資」には、「リスク」というものはつきものなんだ。

みんな、リスクを取って、自己責任の上での選択をしなければいけないんだ。

まあ、リスクのことは重要なので、ここでは省いて、また後で詳しく話すことにしよう。
20

M: 
A
の仕事はBと比べ、賃金が低いから稼げる額も決まっているけど、安定していて安心。

B
は賃金が高くガッポリ稼げることもあるけど、仕事量が安定せずに職を失う危険性もある。

ひと言で言うと、Aは危険性は低いけど低い稼ぎ、Bは危険性はあるけど高い稼ぎ、ということになるのかな
21 

B: 
そうだ、その通りだ。では、それをお金がお金を稼いでくる場所に置き換えてみるといい。仮にAが銀行、Bが株式市場だとする。

そうなると、元手が同じであったとしても、可能性としては、その稼ぎが大きく変わってくることになるわけだ。

これは、あくまでも例、可能性の話ではあるが、自分のお金が、1.01倍になるか、1.5倍になるか、は大きな違いを生むわけだナ。
22

つまり、実のところ、資産運用というものは、銀行預金などを通じて、多くの人が知らぬうちにやってはいる。

しかし、上手にお金でお金を稼いできてもらえる可能性がある「投資」による資産運用をやっている人は、本当に少ないんだよ。特に、日本ではナ。
23 

M: 
ブルベア先生!ジブン、「お金に働いてもらう=資産運用」ということが、なんとなくイメージできるようになった気がします。

でも、どうしたら上手な資産運用ができるのか? もう少しそのことについて教えてください!

 24

B: 
まあ、あせるんじゃない。「急いては事を仕損じる」、ということわざもあるだろう。今日のところはこの辺りでやめておこう。
25

M: 
えー、でも、もっと知りたかったなぁ。チェッ、つまんないの。

今日と明日の100円の価値
26

B : 
代わりにと言ってはなんだが、最後に、クイズでも出してやろう。
モネ、お前は次のうち、より価値があるものは、どれだと思う?

1. 今日もらえる100
2.
明日もらえる100
3.
明後日もらえる100

27
上の3つの中で一番価値が高いのは?
28

M: 
えっと、今日も明日も明後日も、100円は100円でしょ。

いや、待てよ。「楽しみは後にとっておきなさい!」って、うちのママがよく言ってたっけ。

それに早くもらおうとすると、がっついていると思われちゃって格好悪いからな。ブルベア先生、わかりました!答えはCです!
29

B: 
ブブーッ。モネ、残念じゃったナ。答えは1番だ。さっき教えたことだ。「お金にお金を稼いできてもらう」だっただろ? 

そう、今日もらった100円というお金は、「今日」「明日」「明後日」という時間の中で働かせることができるんだ。

つまり、すぐに資産運用ができるってわけだよ。
30 

でも明日もらう100円は、「明日」以降に、明後日もらう100円は、「明後日」以降にしか、資産運用できないだろ? 

わかったか。じゃ、つづきは、また次で!


—— 残念なことに、今日の日を有終の美で飾ることのできなかったモネ。

悔しさに顔をゆがませながらも、「資産運用」のことを、ほんの少しだけ身近に感じられたことで、気分は少し晴れやかなのであった。

つづく

図2



----------------------------------------------------------------

■本記事は、株式会社FOLIOのメディア「FOUND」のコンテンツの引用転載です。当社は株式会社FOLIOの許諾を得て掲載しています。本記事の無断使用、複製、改変は禁止されています。

■情報・資料等について

・投資に関する情報提供のみを目的としており、投資勧誘を意図するものではありません。

・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。

・投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。

■LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社の金融関連サービスです。LINE Financial株式会社は、所属金融商品取引業者からの委託を受け金融商品仲介行為を行う金融商品仲介業者であり、所属金融商品取引業者の代理権を有しておりません。LINE Financial株式会社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関してお客様から金銭若しくは有価証券の預託を受けることはありません。

・金融商品仲介業者 LINE Financial株式会社 関東財務局長(金仲)第854号

・所属金融商品取引業者 株式会社FOLIO 関東財務局長(金商)第2983号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ご投資の際には各金融商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

リスクと手数料についてはこちら

----------------------------------------------------------------- 

 

LINEスマート投資 公式ブログ

テーマでえらぶ、新感覚投資。LINEスマート投資の公式ブログです。 サービスに関するご案内から、リアルな投資体験談、商品の紹介など、 投資に役立つ情報をお伝えいたします。